脱腸と呼ばれるヘルニア|鼠径ヘルニアだと気づいたら病院で手術を受けよう

脱腸と呼ばれる鼠径ヘルニアの手術方法

便秘は鼠径ヘルニアの原因

鼠径ヘルニアは腹膜が弱っている状態で無理に力を入れることで発症してしまいます。便秘で腹部に力を込めてしまいがちな方は、それだけで鼠径ヘルニアのリスクを上げていることになるので注意しましょう。また腹部にサポーターを巻いて力の分散を行なったり、便秘解消のために適度な運動を行なったりするのも効果があるので鼠径ヘルニアにならないためにも実践していきましょう。

脱腸と呼ばれるヘルニア

病院

脱腸と鼠径ヘルニア

脱腸と呼ばれる病気と鼠径ヘルニアは同じ病気です。細かく説明すると、鼠径ヘルニアの場合、大腿部の付け根から小腸が飛び出てくるため脱腸と同じなのです。鼠径部付近であれば鼠径ヘルニアとなり、鼠径管よりももっと下側から出てくる場合は大腿ヘルニアと分類されます。

鼠径ヘルニアの治療

鼠径ヘルニアの治療はほとんど手術になります。飛び出ようとしている小腸を元の位置に戻すために、膨らみ部分からメスを入れ、小腸があった隙間を筋膜や腹膜、または医療用のメッシュシートで防ぎヘルニアを治すという方法が行われているのです。この治療では、鼠径ヘルニアの再発を防ぐ役目も兼ねており実際、再発率もかなり低いものとなっています。

腹腔鏡を使うことも

鼠径ヘルニアが複数箇所で起こる可能性を持っている患者に対しては、腹腔鏡を用いた手術が行われます。カメラを見ながら鼠径ヘルニアが起きやすい場所を確認していくので、一度の手術で発症、再発のリスクを大幅に減らすことが出来るのです。腹部に数カ所穴を開ける程度で済むので、手術後の傷跡も目立たずに済む治療として評判の高い治療となっています。

広告募集中