鼠径ヘルニアは早めの治療と手術で治そう

脚の付け根に違和感を感じたら

鼠径ヘルニアは太もも、脚の付け根に膨らみが出来る病気です。普段と違って少しでも付け根部分に膨らみを感じるようであれば鼠径ヘルニアの疑いがあるので、専門外来を受診しましょう。

鼠径ヘルニアで多い手術ランキング

no.1

バッシーニ法

鼠径ヘルニアで一番多く施されている手術は「バッシーニ法」になっています。どのような鼠径ヘルニアでも対応出来るため、鼠径ヘルニアに適した手術になっているのです。

no.2

クーゲル法

鼠径ヘルニアに多い手術ランキングで2位になった「クーゲル法」は体への負担も少なく、術後の痛みもあまり感じない手術となっています。そのためランキングでは上位になっているのです。

no.3

メッシュプラグ法

3位になった「メッシュプラグ法」は術後の鼠径ヘルニアの再発率の低さが特徴になっている治療です。状況によっては日帰り種手術も可能となっており、復帰が早い手術として好評です。

no.4

リヒテンシュタイン法

ランキング4位の「リヒテンシュタイン法」は腹膜の処置が難しい方や過去に前立腺手術を行なった方に対して行われる手術です。適応ケースが少ないためランキングでも4位になっています。

no.5

腹腔鏡下修復術

腹腔鏡下修復術は鼠径ヘルニアの可能性があるすべての箇所を確認し、治療することが出来る手術になっています。手術の際は全身麻酔を行なうため体への負担が少し掛かってしまうことが5位の理由です。

[PR]

鼠径ヘルニアの手術なら専門医院を利用するのがイチオシ!
キズが最小限な施術をしてくれる!

辛い胆管がんで悩まないで!
治療をするならクリニックへ

墨田区の内科が便利
駅から近いクリニック。

鼠径ヘルニアの特徴

診察

ヘルニアとは

ヘルニアという病気は、内臓が正常の位置からずれ動いてしまい、体の内側の隙間や組織の弱った部分に出てこようとする病気になっています。鼠径ヘルニアは下半身、太ももの付け根あたりにある鼠径部と呼ばれる場所に出来るヘルニアになっているのです。

手術で治る病気

鼠径ヘルニアは外科手術で治せる病気になっており、体の内側の隙間を自分の筋肉で埋めることで、体の外に出ないようにする手術が一般的に行われています。ヘルニアの痛みを改善させるためのサポーターなどもありますが、根本的な治療とは言えないため鼠径ヘルニアに気づいたのであれば、早めに病院へ行きましょう。

[PR]

広告募集中